ドーちゃん?ドーちゃんってばー!

愛してやまないバセットハウンド。 一緒に暮らすことの出来る幸せ。 彼女の名前はドディ。 三重県生まれ岩手県在住です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ただいまぁ~。

えぇ、えぇ、親族の皆さんと、それはもう幸せいっぱいの一日をすごしてきましたぁ。

はぁーー、また1年先にしか会えないのかと思うと寂しくてなりません・・。

軽くホームシック?!

って、出掛ける前に言ったように、ドーちゃん&グスタフのお里は私のお里?!


去年もそうだったように、あまりに嬉しくてカメラをかまえる気にならなくて困ります。



み~んな血がつながっている親族さんたちが22頭!!

スゴイでしょ、スゴイでしょ。

それは感動しないわけがありません。舞い上がらないわけがありません。

集合場所へ着いて、迎えてくれたお里のお父さんをみただけで、ウルッとくるもんなぁ。

私は、だいぶイカレてます・・。


 ( ↓   どうぞ、開いてください! )

img_120895_13299377_1.txt



オシャレなドッグラン&カフェで、ノタノタ・・ドテドテ・・。

とっても美味しいランチをいただきました。

去年の親族会でもお会いしたオーナーさんとは、もう何十年来のお知り合いのようなおしゃべりを。

今回はじめましてのオーナーさんとは、「おぉ、この人が!」って感激しながらも、

これまたお互いのことを何でも知っているような会話が(笑)。

でも、なんていうのかな、彼らがウロウロ歩いているのを見ているだけで、

親族たちとバタバタしているのをみているだけで、会話はいらないような気がします。

私たちは、みんなニコニコしながら彼らを眺めていました♪



DSCN2044.jpg


DSCN2050.jpg


DSCN2052.jpg




そして、そこから移動してお里へ。

お庭に準備して下さっていたドッグランに彼らを放牧して、私たちはまたまた尽きないおしゃべり。

“メイド・バイ・お里のお母さん”のシフォンケーキをいただきながら。

いつもとっても美味しくて、このケーキをいただくと「あぁ、お里帰りしてるんだなぁ」lって

実感する私です。

人間の舌って・・味覚って・・不思議ですね。

記憶、とくに懐かしい記憶が鮮明に思い出されるんだよなぁ。



グスタフは去年の6月7日に10頭兄妹で生まれました。

今回、なんと5頭が集まってお里にいる2頭を入れて、7頭が大集合。



DSCN2066.jpg



9ケ月前、一緒に生まれてきて、オッパイを奪い合って、噛み付いたり噛み付かれたりして、

そして、重なりあって眠った7頭。

その2ケ月間を思い出しているとは思えないけど、そこには不思議な空気感が存在していました。

それぞれの個性がどんどんでてきていたけど、皆が同じ一直線上にあるような・・、

またすぐにでも一緒に居られるような・・。




そしてこれはドディと、姉妹のラルゴちゃん。


DSCN2070.jpg



ね!!似てるでしょ!!ビックリでしょ!!

5年前、お里へ仔犬を見に行く日が1日違っていたら、入れ替わっていたかもしれない2頭なんですよ。

運命だなぁ。



こうして、22頭の犬達とオーナーさんたちと集えるのも運命だなぁ。


今年も皆さまのおかげで、本当に幸せな一日を過ごさせていただきました。

ありがとうございました。



ドーちゃんとグス王子は、この日をどんなふうに思っているだろう。


ドーちゃん : 「なんか、いつもの公園よりドンくさそうな子ばっかり。

         うざいグスタフは相変わらず居るし。

         ま、アタチはいつものように勝手にノタノタしてるわ・・」

グス王子  : 「ひょ~、ドッタドッタできる相手がいっぱいだぁ!

         いつもと違って、僕ちんの足でも追いつくしぃ♪」         


って、感じかな(笑)。



お宿へ帰って、それはそれはグッスリだった2頭。


DSCN2023.jpg


DSCN2074.jpg




はじめは、2頭を連れて行くのはムリがあるかなぁって思ったけど、

姪っ子さんが手を貸してくれたおかげで、2頭一緒のお里帰りが実現できました。

ありがとおね!



親族会に参加できて、無事に帰宅できて、こうして皆さんのブログでお付き合いができること、

こんな幸せなことってそうそうないですよね。

また1年後にこんな日がやって来るかと思うと、楽しみでなりません。

そして、その日まであと1年もあるかと思うと、寂しくてなりません。



皆!元気でいよおね!








スポンサーサイト
  1. 2010/03/25(木) 23:57:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

2頭を連れての・・・



お里帰りを今週末にしてきます。


うふふふ。


去年の5月につづいての親族会なのです♪


うん、とってもとっても嬉しいのです。楽しみなのです。


三重のお里へは、去年5月の親族会のあと、7月にはグスタフとの出逢いのためにお邪魔しました。


ここでも何度も言っているけど、ドディ&グスタフのお里は、


まさに私のお里のような思いがしてなりません。不思議だね。可笑しいね。


お里のお母さんやお父さんは、とても魅力的な方でまた会えると思うと嬉しくて嬉しくて。




そして、親族の皆さんとの再会もほんっとうに楽しみです。


5月に、たくさんの方々とご一緒したときも、7月に、グスタフの兄妹を一緒に迎えることになった


ラルハーフー家とラブバセ家とご一緒したときも、なんとも言えない・・・


たくさんの同じ想いを抱いているのを感じたなぁ。



今回は、そこにボルト家と耳男家との初対面!

なんと、5頭の兄妹との再会です。



DSCN1406.jpg



8月までこうして過ごして、それぞれのおうちへやってきた彼ら。


それぞれの環境で過ごしてきた、この7ケ月。


「おぅ!ひさしぶり!」なんて感情はないのだろうけれど、


兄妹としての戯れなんてしなくていいのだけれど、


兄妹みんなで、親族みんなで、ノタノタと楽しんでくれたら、それを眺めていられたら、


十分です。それ以上の希望なんてないなぁ・・・。


さぁ!何頭あつまるのかなぁ。


みなさん、どうぞよろしくです♪



DSCN1473.jpg



あっ!ドーちゃんも行きますよん♪忘れてないですよん♪





  1. 2010/03/18(木) 03:36:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

4頭での旅。


皆さま、こんばんは。

先週、いつもの小十郎家と那須へ一泊旅行をしてきましたよ。


まだ紹介をしていなかったのですが、1月に小十郎家に弟がやってきたのですよ。

お名前を「左門」くんといいます。チョコレート色のボーダーコリーさんです。

まだまだ赤ちゃんで、やることなすことが「うひゃ~~」って感じに可愛いのです。



DSC_5214.jpg


ね!ね!可愛いおとうとって感じでしょ。

あっ、これからご披露する写真たちは、ほとんど小十郎父上の作品ですのであしからず・・・。

この場をかりて、小十郎父上、お写真お借りいたしまする!

今回の旅のお写真がいっぱいの小十郎ブログはこちら。

http://blog.goo.ne.jp/k_dub_r-t_honda




では、しゅっぱーつ!

いいなぁ・・絵になるなぁ・・と、こんな光景だけでニヤッとするわたくし。


DSCN1958.jpg




ランチをしたのは、こちらのお店。

カフェスペースがとってもゆったりしていて居心地が最高でした。

裏庭は見事な林になっていて、良いんだよなぁ。

こんなお店が我が町にもあったらなぁって、何度もつぶやく私たちでありました。



DSC_4906.jpg
DSC_4919.jpg



ショップスペースで、物色するドディ姫。リードを買ったよ。

「2本、2本・・色違い~・・」って、双子のお母さん気分のわたくし。


DSCN1969.jpg




そして、那須ガーデンアウトレットへ。


DSC_4938.jpg

DSC_4944.jpg



アメリカ西海岸って感じの街並みに、

「バセットは映えるけど、ボーダーは似合わないかも・・・」とわたしたち。

あたりまえだけど(!!!)、ドーちゃん&グスタフ人気はすごくって、表情を緩めない人の方が少ない、

近寄って来ない人のほうが少ない、って大げさ?!?!

そんな光景をみて、小十郎母上は、

「左門のほうがパピーなのに~~」って。


ははは♪ ごめんなさいねぇ♪



そして、お宿はイマジンドッグズ。

12月にバセット会で初めて訪れました。

噂どおりにくつろげるお宿で、今回が初の小十郎父上は、

グレートデーンやボルゾイたちに会えた感激でワナワナしていましたよ。よかったね。


見てください、この小型犬のようなドーちゃんたちを!



DSC_5055.jpg


DSC_4988.jpg


DSC_4990.jpg
DSC_5139.jpg
DSC_5155.jpg


DSCN1981.jpg




2頭を連れての旅はまだまだ不慣れで、大変な事もあるけど・・不自由なこともあるけど・・

彼らそれぞれが、それぞれの楽しみ方をしているのを目にするだけで、

その一瞬に出会えただけで、大変だなって気持ちは吹き飛んでいきます。

まだまだ、特にドディはグスタフのいる環境に馴染んでいない様子(あの子ったらウザイだけだわぁ・ドディ談)

もあるけど、それだけにチラッとでもグスタフのことを認めたシーンを見ると、とても嬉しくなります。

って、滅多にないんだけど・・・・。


まぁ、これから、これから!!
  1. 2010/03/09(火) 02:07:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。