ドーちゃん?ドーちゃんってばー!

愛してやまないバセットハウンド。 一緒に暮らすことの出来る幸せ。 彼女の名前はドディ。 三重県生まれ岩手県在住です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬、真っ只中な今日このごろ

みなさま、お変わりありませんか。

いつもの可愛いショットはありませんけれども、ドディ姫は元気ですよ。

またまた寒がりさんなお話。

ドディ姫の寝室であるクレートの中には、フリース製の毛布をいれてあるのですが、

寝返りをうっているうちに、丸まっちゃうわけじゃないですか。

ドディ姫としては毛布の中にいたいんです。かぶりたいんです。

そしてトライするんです。

いったんクレートの外に出て、頭で毛布を持ち上げながら奥へと入っていく・・。

だけどフリースは軽いので、うまく下に入りこめない。

自分だけ取り残されて毛布だけ奥へ奥へと・・。

上手くいかなくて、何度も何度もこれを繰り返しているんです。

な、な、なんて健気。涙なしには見ていられないでしょ?でしょ?

ぐぉーぐぉー寝ている私が気がついた時には掛けてあげます。

でね、その時の彼女の対応が可愛いのよー。泣けるのよー。

クレートの入り口でオスワリをして、こちらを向いてるの。

そして、頭を低くして私が毛布をかけやすいようにするのよ。

似たようなシチュエーションといえば、チャペルにて花嫁が花婿にベールをあげてもらう感じ?!
 
ハワイの空港でレイをかけてもらう感じ?!

わかる?伝わってる?

で、彼女も私も満足して眠るんだけど、私は気がつくわけです。

一晩のうちに、こうやって私が気がついてあげている確率って相当に低いんじゃないかな、って・・・・。

ゴメンナサイ、どーちゃん。




スポンサーサイト
  1. 2009/01/27(火) 23:54:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。